借入審査

おすすめの消費者金融ランキング

おすすめの消費者金融ランキング

オススメの消費者金融をご覧頂く前に、
一つあなたにとって良い情報を差し上げたいと思います。

 

カードローン会社を選ぶにあたり
最も目につきやすく気にしてしまうもの…、

 

それが金利です。

 

この金利はカードローン会社によってパーセンテージが違います。しかし、100万円未満の借入をされる場合、この数字を気にすることはハッキリ言ってありません。

 

なぜなら、利息制限法という法律が適用されていて、各社この法律に準ずるかたちで金利を決めているからです。当サイトでも情報として金利や限度額を掲載していますが、特に気にする必要はありません。

 

金利が安いカードローン会社を既に選んでいるからです。一応、総合的に判断しランクは付けていますが、あなたが気に入ったカードローン会社をお選び頂ければと思います。

 

もし迷ったら、そのままランキングの通りにお選び頂いても賢い選択だと思います。

 

それでは、当サイトがご紹介するカードローンサービスをご紹介しましょう。

 

 

即日キャッシング!
WEB完結でカードレスにできる!
30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)!
全てネットで完結!※対象金融機関は200行以上あります。

 

プロミスの最大の強みは、やはり金利の安さとスピードです。しかも、24時間365日受付だから思い立ったらすぐにお申込みが可能!また、審査結果はメールでも受け取りが可能だからプライバシーもしっかり守ることが出来ます。更に、プロミスでは女性専用ダイヤル(レディースコール)もご用意していますので、主婦などの女性の方でも安心してご利用頂くことが出来るのも嬉しいサービスですね。

 

※フリーターや主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

借入利率:年4.5%〜17.8%
借入限度額:最高500万円
審査の早さ:即日
ネットで申込み:可

 

 

LPバナー 200x200
ネットでお申込みからご利用まで、電話連絡や郵送が一切なし!モビットはプライバシー保護に力を入れたカードローン会社でもあります。勿論、金利も業界では低金利の18.0%!また、急ぎのご融資をご希望の方のための専用ダイヤルもあり、電話上で審査結果をお知らせしすぐにご指定の金融機関にお振込みが可能です。すぐにお金を借りたいという方にも非常にオススメしたいカードローン会社です。

 

借入利率:年3.0%〜18.0%
借入限度額:1〜800万円
審査の早さ:審査次第で即日
ネットで申込み:可

 

アコム

アコムの最大の特徴は、やはり初めての方でも分かりやすく安心して借入が出来るということです。「初めてのアコム〜♪」というCMでのキャッチコピーも有名ですね。初めてカードローンをご利用される方で、特にパートやアルバイトの方でアコムを使われる方が多いのも特徴です。今すぐお金を借りたいという方の為の「お急ぎのお客様」専用窓口もご用意しています。最短1時間でキャッシングすることも可能です。

 

借入利率:年3.0%〜18.0%
借入限度額:最高800万円
審査の早さ:即日
ネットで申込み:可

 

そして女性の方におすすめなのがプロミスレディースキャッシングです。女性のための細かな気配りがされているところがよいですね!

 

なお消費者金融のランキングは上述の通りですが銀行のカードローンで一番お勧めなのが三菱東京UFJ銀行カードローンです。低金利(4.6%〜14.6%)にも関わらず消費者金融レベルのスピードで借入することが可能です。最短30分審査・即日融資が可能、更には低金利と三拍子揃っているところが大きな魅力ですね。ですね。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトにリンクしています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


借入審査とは

借入審査とは

借入審査というと少し難しいことをイメージされる方も多いかもしれませんが、「審査」とは、要するにあなたにお金を貸しても大丈夫かどうかを貸す側が判断する材料となるものです。

 

もしあなたがお金を貸す側の立場だとしたら、どういう人にお金を貸したい、もしくは貸したくないと思うでしょうか。
それを念頭に置いて、以下に記載した借入審査時に絶対にやってはいけない7つのことをしっかりとチェックして下さい。

 

@名前、住所、勤務先、年齢、電話番号など自身を証明する情報は正確に申告すること

 

A雇用形態(正社員、契約社員、パート、アルバイトなど)を正直に申告すること

 

B住居の居住年数は正確に申告すること

 

C勤続年数は正直に申告すること

 

D年収をしっかり計算し正直に申告すること

 

E他社からお金を借りている場合は正直にその旨(会社名、金額)を申告すること

 

F返済計画が頭の中でしっかりイメージ出来ていること

 

 

@名前、住所、勤務先、年齢、電話番号など自身を証明する情報は正確に申告すること
名前、住所、勤務先、年齢、電話番号など借入審査をする際の第一歩です。先ほどの貸す側の立場になってみて下さい。自分の個人情報を正確に書けない人にあなたはお金を貸すことが出来ますか?おそらくそんな人には100円でも貸したくないと思うはずです。ここを間違う方はほとんどいらっしゃらないとは思いますが、だからこそ間違えたら審査に非常に影響する項目であると思って下さい。

 

 

A雇用形態(正社員、契約社員、パート、アルバイトなど)を正直に申告すること
雇用形態も非常に重要な項目になります。正社員とアルバイトでは、やはり社会的地位は全く異なります。しかし、収入減となっていることには変わりはありません。アルバイトだからと言って審査に影響すると考え、決して嘘の申告をしないようにしましょう。ここで大切なのはあくまで正直な申告です。後で嘘と分かるとその後の様々な審査に影響するので正直に申告をしましょう。

 

 

B住居の居住年数は正確に申告すること
これまで一人暮らしをされたことがない方なら年齢と同じ年数で問題ありません。現在、マンションやアパートなどで一人暮らしをされている方なら、その居住年数も立派な審査対象となります。確かに長く住んでいればそれだけ信用も生まれますが、だからと言って嘘の申告は控えましょう。基本的にはそこに住んでいることが確認出来れば問題はありません。仮にまだ住んで1ヵ月未満だったとしても正直に申告しましょう。

 

 

C勤続年数は正直に申告すること
仕事の勤続年数は収入の安定度を計る為にも重要な審査項目となります。あなたが貸す側だった場合、まだ勤めて1ヵ月の人よりも1年勤めている方が安心出来るのではないでしょうか。しかし、だからと言ってまだ1ヵ月しか働いていないのに、年数を多くして申告するのは絶対に止めましょう。何度も申し上げますが、借入審査で重要なのは勤続年数が長いことではなく、正直に、且つ正確に申告するということを忘れないようにしましょう。

 

 

D年収をしっかり計算し正直に申告すること
よく間違えることの一つで、年収は総支給額の金額なのか、もしくは保険や所得税を総支給額から引いた金額なのかという疑問をお持ちの方がいらっしゃるようですが、答えは総支給額になります。つまり、月20万円の給料で、所得税や保険などで3万円引かれ、手取りが17万円の方の年収は、

 

17万円×12=2040000円

 

ではなく

 

20万円×12=2400000円

 

ということになります。

 

また、ボーナスがある方はこれも上乗せした金額が年収ということになります。

 

「年収」という定義が分かったところで本題に戻ります。実は、この年収を多く申告する方は後を絶ちません。お金を借りる訳ですから、少しでも多くしておけば審査にも通り易いだろうという非常に安易な考えが意識的に働くようです。勿論、この点はカードローン会社も熟知していますので、嘘を申告をして信用を落とすよりも、正直に申告した方が審査にプラスになります。再三に渡り注意を喚起していますが、あくまで正直に、そして正確にということが非常に重要なのです。

 

 

E他社からお金を借りている場合は正直にその旨(会社名、金額)を申告すること
既にカードローン会社からお金を借入していて、新たに借入を申し込む場合は、その旨も必ず申告しましょう。カードローン会社と金額を聞かれるはずですから、必ず正直に申告するようにして下さい。なぜなら、信用情報はカードローン会社の間で共有されます。ですから、あなたが嘘の申告をしても一番早くバレてしまうのがこの情報と言えるでしょう。ここは正確に、しっかりと申告するようにしましょう。

 

 

F返済計画が頭の中でしっかりイメージ出来ていること
お金を借りる上で、最も重要なのが返済するイメージが頭の中で描けていることです。ただお金が無いからと言って借り、何の返済計画も立てていないようでは、いずれ借金が膨らんで返済が滞り、いつかお金が借りれなくなってしまう事態にもなってしまいます。そんな事にならないよう、しっかりと返済計画を立て借りるようにしましょう。なお返済計画を立てるためには金利の事も考えなければなりません。なるべく早い返済プランを立てたいという方は金利が安い銀行系のカードローンからお金を借りるという選択肢を入れるべきでしょう。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップに戻る


借入審査に落ちない為に

借入審査に落ちない為に

審査に落ちない為に
あなたが心掛けなければいけないことがあります。

 

先ほどの<借入審査について>
でも何度かお伝えしたことなのですが、やはり、

 

正直に正確にカードローン会社にお申込みをすること

 

が大前提となります。

 

自分を良く見せようと思い、虚実の申告をした場合、
もしそれがカードローン会社に知れてしまった場合は、
あなたの信用を大きく落としてしまうことになります。

 

カードローン会社も色々な情報に基づいて審査をする訳ですから、付け焼き刃的な申告をするのではなく、
あなたのありのままを申告するようにしましょう。

 

それが審査を確実に通す第一歩だと言えます。
借入審査に落ちない為に、是非このことを今一度心掛けて下さい。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップに戻る


総量規制について

総量規制について

総量規制とは貸金業法の一つで、
個人の借入総額が

 

年収等の3分の1までに制限されるルール

 

のことを言います。

 

しかし、誰もがこの対象になるかと言うとそうではなく、
あくまで個人向けに適用されるルールとなります。
(法人にはこのルールは適用されません。)

 

これまではこの総量規制というルールがありませんでした。
成立したのは2006年12月で、実際にこれが施行されたのは最近のことで2010年6月のことです。

 

このルールの主たる目的は、多重債務の原因となる借入を3分の1までとすることでそのリスクを減らそうというものです。

 

かつてのように際限なく借りることが出来なくなりましたので、消費者金融にクリーンなイメージを植え付けたばかりか、利用者にとって非常に安全になったと言われています。

 

また、仮に借入額が年収の3分の1を超えた場合でも、行政処分を受けたり、刑罰を受けたりするものではありません。あくまで、債務者を債務超過から守る為に施行されたものになりますのでその点はご安心頂ければと思います。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップに戻る


信用情報について

信用情報について

キャッシングをする際に、
よく信用情報という文言が出てきますが、
これは一体どういう言葉なのでしょうか。

 

ここで簡単にご説明しましょう。

 

信用情報を分かりやすく言えば、個人の年収、居住地、勤務先、ローンや公共料金の支払いなどの個人の資産に関する情報のことを言います。

 

もっと噛み砕くと、個人のお金の流れだったり、お金をどのくらい持っているか、お金をどのくらいまでなら返すことが可能か…、そして、その人はしっかりとお金を期日までに返す人か…というような情報だと思って頂ければと思います。

 

要するに、

 

経済的に、そして人間的に信用出来るかどうかということです。

 

例えば、ローンの返済期日が過ぎてしまった場合など、
この信用情報に傷が付いてしまうことになります。

 

人間関係においても、一度失った信用を回復するのは難しいように、金融機関においても、一度失った信用を回復するにはそれなりに時間がかかってしまいます。ですので、信用情報だけは絶対に傷付けないよう、しっかりと期日を守り、そして虚実の申告が無いよう注意しましょう。

 

また、もう一つ注意する点として、信用情報はそれぞれの企業が持っているのはなく共有して使用されています。ですからそれぞれの契約先で申告内容が違ったりすれば、それだけで信用を失ってしまう可能性もあります。

 

または、あるカードローン会社でお金を借りたまま返済をせずに他のカードローン会社で借りようとしても信用情報が共有されていますから、審査に落ちてしまう可能性が非常に高まります。

 

信用情報は社会で生きていく為に非常に重要なものですから
信用を失うことの無いようよく注意する必要があることを忘れないで下さい。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップに戻る