カードローンの返済が出来ない時の対処法

カードローンの返済が出来ない時の対処法を知る

カードローンの返済が出来ない時の対処法を知る

カードローンは非常に便利なものですが、だからと言って湯水の如くお金を使ってしまっては後でとんでもないしっぺ返しをくらうことになります。計画的に借入をしないと返済時に返すことが出来なくなってしまい、信用を大きく落とすということにもなり兼ねません。信用を落とすと、次回お金を借りにくくなったり、ローンを組みにくくなったり社会生活において多少のハンデを抱えてしまいます。

 

そんなことにならない為に
信用情報はしっかりと守りたいところですよね。

 

ですが、現実問題として、
今月は本当に懐事情が厳しくどうしても期日までに返済することが難しい…そんな時ってあると思います。例えば結婚式などが重なり意図しない出費がかさんだとか、お世話になった方が亡くなった時など、特に冠婚葬祭は重なってしまうとお金のスケジュールも大きく狂ってしまうことがあります。

 

そんなどうしようもない時にカードローンの返済が迫り、どうやっても返済することが出来ない…そんな時の対応について良いアドバイスを差し上げようと思います。

 

当サイトで何度もお伝えしている通り、
借入審査をする場合はとにかく正直に申告することだと説明しております。
これは何も借りる時のことではありません。

 

返済する時も同様です。

 

返済が出来ない場合は
それを正直に申告することが重要となります。

 

そもそもカードローンで借入をしている訳ですから、当然返済出来ない場合もカードローン会社は想定しています。しかし、その事実を事前に伝えるか伝えないによって信用情報は大きく変わってくることを覚えておいて下さい。

 

つまり、期日までに返済出来ない場合はカードローン会社に連絡をし、今月は返済が厳しいのでと相談をするべきなのです。カードローン会社にしてみれば、相談者はお客様な訳ですから親身になって相談に乗ってくれることでしょう。そして、たったそれだけのことであなたの大事な信用情報を守ることが出来ます。ことをお友達のお金の貸し借りに例えてみても同じことが言えると思います。来週までに借りたお金を返すと約束をし、期日になり返せないけど連絡をくれる友達と連絡をくれない友達…どちらの方が信用出来ますか?カードローン会社も結局は同じことですね。

 

また、複数のカードローン会社から借り入れている場合は、おまとめローンに乗り換える…つまり借り換えを行い、返済の一本化を図ることも対処法の一つと言えます。返済を一本化することで金利が下がったり、返済日が一つになり管理が楽になったりメリットは多々ありますので是非とも活用したい対処法でもあります。また、返済が出来る出来ないに関係なく、返済を一本化することはメリットが非常に多いですので是非お勧め致します。

 

とにかくここで最も重要になることは、

 

信用情報に傷を付けてはいけない

 

ということです。

 

返済日に返済出来なくとも、
その旨をしっかりと伝えることで信用を守ることが出来るということを覚えておきましょう。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る