総量規制の除外と例外

総量規制の除外と例外になる対象とは

総量規制の除外と例外になる対象とは

当サイトで何度となく「総量規制」という文言が出て参りますので既にご存知の方も多いとは思いますが、このページを最初に訪れた方の為にまずは総量規制について簡単に説明したいと思います。

 

これまでカードローンというのは特に規制がなく、消費者金融から割と簡単な審査で借入することが出来ました。

 

しかし、その結果債務者が増え問題となってからは「総量規制」というルール施行され、年収の1/3までしか借入することが出来なくなりました。年収の1/3というと、例えば年収300万円の方の限度額は100万円までとなります。

 

この結果、確かに過度な借入が減り債務者にとっては良かったと思われたのですが、中にはお金が借りれなくなり資金繰りが立ち行かなくなった方もいます。しかし、実は総量規制には除外や例外などがあることをご存知でしたでしょうか?

 

除外」の例で言いますと、例えば不動産購入の為の借入だったり、自動車を購入する為の自動車担保貸付などがこれに該当します。つまり、お金を貸すことは違いないのですが、そのことによって不動産や自動車が担保となり、その分総量規制の1/3というリミットが外れ更に借入が出来るということを言います。ですので、不動産や自動車などを購入の上で借入をする際は「総量規制の除外の対象」となる場合がありますのでその際は借入先とよくご相談されると良いと思います。

 

また、「例外」の借入の場合は、不動産担保貸付や配偶者と併せた収入で1/3とする場合も出来るということになります。ある家庭を例にしてみますと、ご主人の年収が300万円、奥さんの年収が100万円だったとします。その場合、400万円の1/3まで総量規制が引き上げられるということになります。他には個人事業主の借入も例外に該当する場合があります。この場合は収入証明書などが必要となる場合があります。

 

このように、総量規制と一言で言っても単に年収の1/3までしか借入出来ないという訳ではなく、「除外」や「例外」の対象となる場合がありますので、借入の際にはよく相談するようにしましょう。不動産や自動車を購入する上で総量規制がネックになっていた方は是非今後のカードローンの利用に役立てて頂ければと思います。

 

他にもそもそも総量規制の対象外となっているカードローンというものも存在します。それは銀行系のカードローンになります。こちらは消費者金融系のカードローンとは違い審査が厳しいという特徴があります。ですが、審査に通れば総量規制の対象とはなりませんのでそういうものがあるということも頭の中に入れておきましょう。

 

単に総量規制というルールによって1/3までしか借入が出来ないと思っていた方には朗報となったことと思います。カードローンには色々な決まりがありますのでしっかりと知識を身に付け、自分にとって最適で損のない借入をするようにしましょう。

 

とはいえ、今ご紹介した総量規制対象外となるものは時間のかかるものが多いのも事実です。あくまでスピード重視という方は当サイトでお勧めしている消費者金融のカードローンが最も最適と言えるということも付け加えておきます。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る