カードローンの種類

カードローンの種類とは

カードローンの種類とは

まず、カードローン会社は大きく分けて3つに分類することが出来ます。一つは銀行系のカードローン、もう一つは信販系のカードローン、そしてもう一つは消費者金融系のカードローンとなります。

 

最後の消費者金融系のカードローンが一般的だとは思いますが、実はそれ以外に銀行系、信販系のカードローンがあるんです。
それぞれどういう違いがあるのか見て参りましょう。

 

まず銀行系のカードローンですが、最大の特徴は金利が安いことが挙げられます。そうなれば誰でも金利が安い銀行系のカードローンからお金を借りたいと思うと思いますが、当然それなりに審査は厳しく、主に法人の融資や住宅ローンなど纏まったお金を借りる際に使われるものになります。

 

ですので今月厳しいのでちょっと10万円ほど借りたい…
という理由で借りることは出来ないことになります。
また審査が厳しいというのは、会社への勤続年数や年収などの返済能力などが主となりますのでそういう意味でも先ほどのようなおこずかいを借りるというのは審査対象としては厳しいものとなってしまいます。

 

次に信販系のカードローンになりますが、信販系というとちょっと聞きなれないと思われるかもしれませんが、いわゆるクレジットカードに付帯しているキャッシング機能になります。
VISAカードやマスターカードなどのキャッシング機能を思い浮かべて頂ければと思います。
こちらもカードの審査に通りさえすればキャッシング機能は後からでも付帯することは可能です。限度額はそれほど大きくありませんが、海外旅行に行った際などにも利用出来る為意外と利用者が多いのが特徴です。

 

最後に消費者金融系のカードローンになりますが、銀行系や信販系のカードローンに比べて、沢山業者が乱立しており身近な分、金利が若干高いことが特徴として挙げられます。「身近な」というのは、具体的に会社への勤続年数が少なくでも大丈夫だったり、学生やアルバイトでも大丈夫だったりします。その手軽さの代わりに金利が銀行より若干高くなっている訳です。(※グレーゾーン金利の撤廃により実際は消費者金融の金利はかなり安くなっています)。手軽さということは金融会社としてもその分リスクとなる訳ですからこれは当然のことと言えると思います。

 

このようにカードローンと一言で言っても色々な種類があります。
当然経済状況によって借入をするカードローン会社は変わってくると思います。

 

自分に合ったカードローン会社はどこになるのかをここで解説したことをご参考にされてみて下さい。例えば大口の融資をして欲しいが銀行系は審査的に厳しいという方でも、こちらでご紹介した消費者金融系のカードローンでも限度額が500万円までというのもありますので、色々な観点からご自身に適したものをお選び頂ければと思います。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る