カードローン審査に通りやすい方法

カードローン審査が通りやすい方法を考えてみましょう

カードローン審査が通りやすい方法を考えてみましょう

お金を借りる上でやはり肝心要の部分はやっぱり審査ですよね。
カードローン審査が通りやすい方法を考えてみましょう。

 

実はちょっとしたタイミングの違いで審査に落ちてしまう方がいらっしゃいます。そういうつまらないミスで審査に通らなくなってしまったなどということがないように、借入審査を申し込む前に是非こちらをご参考下さい。

 

 

■無職の方、会社を辞めようとしている方
無職の方、会社を辞める予定のある方のカードローン審査の通りやすい方法は何か?はっきり言いましょう。そんなに世の中甘くありません。カードローン審査を受ける場合、無職の状態ではお金を借りることが出来ません。

 

定期的かつ安定的な収入があることが絶対条件です。

 

こういうと審査が厳しいというイメージを持たれるかもしれませんが、発想を変えてください。定期的かつ安定的な収入がありさえすれば審査に通る可能性は十分にあるのですから。ということはもしも、現在無職の方が審査を受けるならばアルバイトでもパートでも収入のある状態でなければなりません。

 

もしあなたが無職ならば、
何でも良いのでアルバイトでも始め無職ではない状態にする必要があります。
そして安定した収入があることが必要です。

 

業態は構いません。
とにかく、安定した収入を稼げる状態になってから審査に通すようにしましょう。
無職や安定した収入が無い状態で審査にかけても落ちるだけです。

 

また、あなたが今現在在職中で会社を辞める予定がある方の場合、
カードローンの審査に通すのは止めましょう。
仮に審査に通ったとしてもその後の返済が厳しくなる確率が高くなります。
もしどうしてもお金が必要という事であれば会社を辞めるという選択肢を捨て、
今の会社で引き続き継続して勤務するようにしましょう。
楽して審査に通るという甘い言葉を謳っている業者は怪しい業者が多いので
くれぐれも怪しい業者につかまらないようにしてください。

 

 

 

■50万円以下の借入金額でお考えの方
実は、50万円以下の借入の場合は収入証明書は不要になります。

 

このことを知らず、
虚偽の事実を伝えてしまったが為に審査に落ちてしまったということがあります。
申告は慎重にそして正確にすることが絶対条件です。
嘘をつくことにより審査に落ちてしまう。これが一番もったいないですよね。

 

50万円以下の借入金額の場合、そこまで厳しい審査はないのが一般的なので自分を良く見せようと虚偽の事実を記載することだけは絶対に止めましょう。嘘がばれた時あなたの信用力は一気にガタ落ちです。お金の貸し借りは借り手と借り手の信頼関係に基づくものです。難易度の低い50万円以下の借入の場合だからこそ絶対に嘘をつくなんて愚かな行為は止めましょう。
審査は正直に回答しましょう。

 

 

 

■他社にもローンがある方
他社にもローンがある方は当然のことながら審査でマイナス査定の対象になってしまいます。

 

そこで、このマイナス査定を少しでもプラスにする為に、
他社のローンを少しでも減らしてから審査に申し込むようにしましょう。

 

これに関しては、返済額というよりも、定期的に返済をしている履歴の方が重要と言えるかもしれません。カードローンなどの業界では、こういった信用情報は業界内でシェアしている場合がほとんどです。ですから、他社から借りている実績というのはどうしてもマイナス査定になってしまいます。そこを少しでも軽減しておいた方が審査が通りやすくなることを覚えておいて下さい。

 

また、これは今後に気を付けて頂きたいことですが、
複数のカードローン会社から借り入れをしないよう返済計画をしっかり立て、
計画的に利用することが審査が通りやすい基本だと思います。
この点も併せて覚えておいて頂ければと思います。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る