カードローンの審査が通らない方へ

なぜカードローン審査が通らないのか?

なぜカードローン審査が通らないのか?

カードローンとは、
無担保で個人の信用情報のみで借入が出来るサービスです。

 

その為、必ず個人情報を元にした審査というものがあります。

 

個人の信用情報を元に審査を行うというのは、お金を貸す側がお金を貸しても大丈夫かどうかを判断するということです。

 

ここで大丈夫ではないと判断されてしまえば、それはつまり審査に通らないということになってしまいます。ではどういう方が審査に通らない対象となってしまうのか見て参りましょう。

 

審査が通らないケースで最も多いものが複数のカードローン業者から借入をしている場合です。

 

例えば一社から50万円を借入している場合と3社から50万円を借入している場合とでは審査的に後者の方が不利になってしまうのです。

 

なぜ不利になってしまうかと言いますと、借り手側の多くは審査を通せる時にたくさんの業者の審査を通しておくという傾向があるようです。

 

つまり、今後審査が通りにくくなってしまう状況が見えているが為に予め複数の業者から借入を行っているのです。その為、借り手側は一社の借入金額を少なくしてる傾向があります。

 

また、業者側としたら、なぜ限度額に達していないのに複数の業者から借入をしているのか?という疑問を投げかけることになります。この「なぜ?」も審査が通りにくくなってしまう理由一つです。上記のことを踏まえた場合、一度に複数のカードローン会社から借入をするというのも審査が不利になってしまう対象となってしまいますので絶対に行わないようにしましょう。

 

多くのお金の借入が必要であれば、これから借入をする、もしくは借入をしたいカードローン業者に対して限度額を高めに設定し申込みをするようにしましょう。

 

これから借入審査をされようと思われているのならば、カードローン業者に不信感を与えないことも審査を通しやすくする方法の一つと言えると思います。

 

次に審査が通らないケースとして多いものが本人確認が取れないというものです。
本人確認が取れないというのは、勤務先の電話番号に電話しても本人の在籍が取れなかったり、自宅に電話をしても繋がらなかったりする場合です。これは一気に信用情報を落とす行為となってしまいますので、申し込み時には間違いがないか必ず何度かチェックしましょう。

 

他には、過去に滞納があったり勤続年数が短かったりするケースが挙げられますが、だからと言って申し込み時にそれを申告しないのはもっと問題です。審査基準はカードローン会社によって全く違います。過去の滞納や勤続年数が短いからといって必ず審査に通らない訳ではありませんので、申込みは必ず間違いや不正がないようにしましょう。そういう意味では、審査がなかなか通らないという方にとっては、審査が通る業者を見つけるまで申込み続けるというのが最も有効な手段となると言えるでしょう。

 

但し、この場合は一度に何社も申込みのではなく、一社ずつ審査結果を受け取ってから行うようにしましょう。やはり、一度に複数のカードローン業者への申し込みはそれだけで審査が不利な状況になってしまいます。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る