カードローンと年収

カードローンと年収の関係

カードローンと年収の関係

カードローン審査の際に申告者が重要だと思い少し良く書いてしまいがちなのが「年収」の部分です。しかし、多く書いているということは正しい情報ではないものを申告してしまっている訳ですのでそれは絶対に止めるべきと言えるでしょう。

 

勿論、カードローンの審査の際に年収が多いに越したことはないのですが、それが事実無根の申告だと判明すればカードローンの契約自体が無効になってしまう場合もあります。

 

また、年収が多いのにカードローンの契約をするということも業者側に違和感を与えてしまうきっかけとなってしまいますので、申告は正しく行うようにしましょう。だからと言って年収が多い方が少なめに申告するというのも全く意味がありませんので、とにかく申告は正しく正確に行うようにしましょう。

 

仮に年収が多くてもそれが事実であれば何の後ろめたさもありませんし、当然審査へ与える影響も良いものになります。何度も言いますが、一番やってはいけないのが虚無の申告です。

 

事実ではない申告を行うことは信用情報を傷つける行為になり兼ねませんので
申告は必ず正しく行うようにして下さい。

 

また、当サイトでも「総量規制」については何度か触れていますが、カードローンと年収の関係において総量規制は切っても切れない関連事項ですのでこのページでも改めて説明させて頂きます。総量規制とは、かつて消費者金融業者が貸し過ぎ、そして利用者側が借り過ぎてしまった影響で借入額に制限をかけた法律上の決まりになります。それにより年収の1/3までしか借りることが出来なくなりました。それまでは年収の額に限らず借入することが出来ましたので、そういう意味では利用者側にとってセーフティーな法律と言えます。

 

本来であればそれでカードローン業者も利用者もうまくいくはずだったのですが、今問題となっているのが、消費者金融から借りれるお金が総量規制により制限されてしまったせいで、不足分を闇金などから借入するというケースです。総量規制という法律がこういう事態を招いていることも事実であって、結果的にカードローン業者にとっても利用者にとっても悪法だったと言う人もいるくらいです。また、年収を多めに申告し借入分を増やす不正行為なども増加しているのも事実です。最初にも述べた通り、借入審査の申告は必ず正しい情報を申告するようにして下さい。

 

多く借入したいからといって虚無の申告をし、
それが嘘だと発覚すれば信用情報に傷がついてしまいます。

 

何度も同じことを繰り返してばかりで申し訳ありませんが、
それだけ重要なことだと認識して下さい。

 

申告は正しく正確に。

 

総量規制は利用者にとってセーフティーに守ってくれる法律です。
借入額は年収の1/3でも多いくらいだと思いカードローンを利用するようにすれば、
お金もうまく運用することが出来ると思います。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る