カードローン審査の必要書類

カードローン・キャッシング審査の必要書類

カードローン・キャッシング審査の必要書類

本当に急にお金が必要な時、カードローン・キャッシング審査をするのに必要な必要書類を用意するのに時間がかかってしまう場合はよくあります。

 

そんな時に慌てない為にも事前に必要書類を用意しておくといざという時に大変便利です。基本的には原本は必要なくコピーで大丈夫なものばかりですので事前に用意しておきましょう。

 

効期限などが過ぎているものは当然ですがご使用になれませんのでその点の確認はしっかりと行うようにしましょう。

 

カードローン・キャッシング審査時の必要書類は
以下のものになります。

 

 

[本人確認書類]
借入審査の際、ご本人を確認出来る書類として運転免許証の写し(コピー)が必要となります。運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証、もしくはパスポートでも構いません。いずれかの写しをご用意下さい。
当然ですが、いずれの場合も有効期限内のものをご用意下さい。

 

運転免許証

 

---運転免許証をお持ちでない方---

 

健康保険証
パスポート

 

※全てコピーで大丈夫です。

 

 

[収入証明書類]
収入証明書類というと少し難しく聞こえてしまうかもしれませんが、所定のところに行けば簡単に手に入れることが出来ます。以下では、必要な書類と、それを手に入れることが出来る機関を説明致します。尚、以下で挙げるもの全てが必要な訳ではなく、以下のいずれか一つをご用意頂ければ大丈夫です。

 

源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
確定申告書
給与証明書

 

※全てコピーで大丈夫です。

 

源泉徴収票

役所で発行出来ると勘違いされている方が多いのがこの源泉徴収票です。
実は役所で発行出来るのは納税証明書であって、ここで必要な源泉徴収票は所属している、
もしくはしていた会社でしか発行出来ません。必要であれば会社に依頼するようにしましょう。
とはいえ、会社としては再発行は嫌がられることが多いので、
もしお持ちでなければ他の書類をご用意されることをお勧め致します。

 

税額通知書

税額通知書はお住まいの管轄の役所に申請することで発行してもらうことが出来ます。

 

所得証明書

所得証明書も税額通知書と同じくお住まいの管轄の役所に申請することで発行してもらうことが出来ます。

 

確定申告書

確定申告書はお住まいの地域を管轄する税務署で発行することが出来ます。
現在ではわざわざ税務署まで足を運ばなくても、
インターネットから申請し郵送で受け取ることも可能です。
確定申告書については少し複雑な部分もありますので、
国税庁の公式サイトや最寄の税務署などの公式サイトをご参考頂くとよりスムーズだと思います。

 

給与証明書

給与証明書は会社からもらう給与明細で結構です。
これを直近の2〜3ヵ月分ほどご用意して頂ければ問題ないでしょう。
もし紛失場合は所属する会社に問い合わせればもらえるはずです。
とはいえ、会社に請求しにくい場合は他の書類を用意して頂ければ良いと思います。

 

 

[お役立ち情報]
これは余談になりますが、覚えておくと大変便利なので是非覚えておいて下さい。
免許証や保険証など財布に入れている方は多いと思うのですが、
今回のように身分を証明する程度ならコピーで充分です。
万が一財布を落とした際などに免許証の再発行や保険証の再発行をなくてよくする為に、
財布にはコピーを入れておくようにしましょう。ちょっと手間がかかりますが、
ラミネート加工なんかすれば耐久性も上がり、財布に入れておいても問題なく使えます。
何かあった時の為にこういう備えをしておくと本当に後で良かったと思うはずです。
これぞ、備えあれば憂いなしですね。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る