カードローンの返済方法

カードローンの返済方法の注意点

カードローンの返済方法の注意点

こちらではカードローンの返済方法に詳しく解説して参りたいと思います。なぜ返済方法を詳しく解説する必要があるかと言いますと、現在のカードローンの返済方法は少し前のそれと違い色々な返済方法があります。

 

一昔前のカードローンの返済方法と言えば、まず融資の枠を決めて後その枠内で借入を行います。そして借入金額の金額に従って返済金額が設定され毎月の返済を行うというものでした。

 

その際は借入金額に関係なく金利は一定でした。しかし、現在のカードローンはこれとは全く別物とお考え下さい。というのは、借入金額の最低金額が総量規制という法律の制定により大きく引き下げられたことの起因します。今では少額から借入が出来る分、少額であっても金利が大きく変化します。

 

つまり、利用金額に応じて金利が細かく変化するというものです。なんだか当たり前のようなルールですが、実はこれにより多くの金利を支払ってしまっている人が多いのも実情なのです。

 

最初にも述べましたが、現在のカードローンでは多様の返済方法があります。
その中でも特に注意すべきものはリボルビングというものでしょう。
クレジットカードなんかをお使いの方は聞いたことがある方も多いかもしれません。

 

リボルビングというものは、いわゆるスライド式の返済方法で、毎月の返済額を一定にはするものの、それにより膨らんだ金利などはどんどん後回しにされ、最終的には大きな額の金利を支払ってしまうことになるというものです。非常に便利な返済方法ではありますが、長い目で見ると利用者にとっては非常に損をしてしまう返済方法なのです。

 

リボルビングについてちょっとまだ分からないという方の為に更に詳しく説明しますと、リボルビングは毎月の返済額を利用額に関わらず固定します。例えばですが、ここでは毎月1万円の返済額としましょう。返済額が一定な分、非常に毎月の返済自体は楽になります。

 

しかし、ここに大きな落とし穴があります。つまり、その分返済回数が増えるのです。ここまでは当たり前のことと思われるかもしれませんが、よく考えてみて下さい。返済回数が増えるということはそれだけ金利を多く支払うことになります。リボルビング返済の最も怖いところは、少額に設定すればした分だけ返済しているという感覚がマヒし、当たり前のように高金利の返済を続けるということになってしまうことです。1万円ならまだ高額の方かもしれませんが、これが毎月5千円の返済というなってきますとかなりの長い期間返済することになり、それだけ金利も莫大なものになってしまうということです。しかも5千円という低い返済額故に利用者の経済状況に影響を与えずいつの間にか多額のお金を支払ってしまうということになってしまうのです。

 

カードローンの返済は非常に重要ですので、あなたに合った返済方法を選ぶようにしましょう。

 

但し、少しでもお金に余裕があるのであればリボルビングはとてもお勧め出来る返済方法ではないということだけお伝えしておきます。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る