銀行系と消費者金融系のカードローンの違い

銀行系と消費者金融系のカードローンの違いとは

銀行系と消費者金融系のカードローンの違いとは

カードローンには銀行系のものと消費者金融系のものとがあることはご存知でしたでしょうか?

 

では銀行系と消費者金融系と同じカードローンでも具体的にどういったところが違うのかを解説して参りたいと思います。

 

まず、最も大きく違う点が当サイトでも何度かお伝えしている「総量規制」の点です。

 

消費者金融系のカードローンは年収の1/3までしか借りることが出来ないに対し、銀行系のカードローンにはこの規制がありません。

 

なぜ銀行系カードローンは総量規制の対象外なのか?

 

消費者金融系カードローンは貸金業法という法律で定められていますが、銀行系カードローンは銀行法という法律で定められています。ですから銀行系カードローンには総量規制が無いんです。

 

言い換えれば審査時に収入に応じたという概念が無い訳ですから、
収入のない専業主婦の方でも借りることが出来るということになります。

 

そして、その他の銀行系カードローンのメリットとしては
融資限度額が大きいというものもあります。

 

消費者金融系の場合の限度額は大体が300万円が最大値となっていますが、銀行系はこれが500万円だったりします。銀行によっては800万円まで借りれるようなところもあったりしますので限度額は銀行系の方が圧倒的に高いです。

 

この他にも、銀行系の方が金利が安いということも挙げられます。
これは銀行によってもまちまちではありますが、
大抵の場合消費者金融系よりも銀行系の方が金利は安いです。
具体的な金利はそれぞれの銀行の公式サイトをご覧頂くと良いと思います。

 

となると、借入をするのであれば銀行系の方が良いということになりますよね?

 

但し、銀行系カードローンの最大のデメリットは審査が厳しいという点です。
これだけのメリットがある銀行系カードローンですから、
それは当然と言えるかもしれませんよね。
もしこれで審査も甘かったら誰も消費者金融系のカードローンを選択しませんよね。

 

また、どちらの方が安心して借りることが出来るか…という点ですが、
これはどちらも同じだと言えます。

 

理由は、消費者金融系カードローンというのは親会社が結局銀行だからです。
系列会社ですからその信頼度は同じと言えますよね。

 

ちなみに銀行系カードローンの返済が滞ってしまった場合、その回収はどこが請け負うかと言いますと、これは同系列にあたる消費者金融系のカードローンなんです。知識としてはあまり必要のないものかもしれませんが、一応こういう繋がりのもとで成り立っているということを覚えて覚えて頂ければと思います。

 

どちらを選択されるかは借入される方のご自由ですが、
すぐに審査を通したいようなお急ぎの場合であれば消費者金融系カードローンをお勧め致します。
逆に時間に余裕がある場合は銀行系カードローンがお勧めと言えると思います。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る