カードローンの限度額

カードローンの限度額について

カードローンの限度額について

これからカードローンでお金を借りようとされている方にとって何気に重要になってくるのがいくらまで借りることが出来るのか…ということだと思います。

 

では、具体的にいくらまで借入することが出来るのかをこのページで解説して参りたいと思います。

 

実は当サイトのトップページにて「総量規制」について解説しているのですが、限度額はこの総量規制に大きく関わってきます。というのも、申告した年収の1/3までしかお金を借りることが出来ないからです。すなわち、それがイコール限度額となってしまうのです。例えば年収300万円の方だった場合、単純に限度額は100万円までとなります。

 

総量規制とは業者の過度な貸し過ぎ、または利用者の過度な借り過ぎが問題となり施行された金融業界のルールです。

 

ルールと言ってもこれは業界内だけの暗黙のルールでもなんでもなく、しっかりと法律で定められたものになりますので、借入をする以上このルールは絶対に守らなければなりません。

 

では、審査の際に年収を多めに申告すればその分多く借りることが出来るのではないか…
とお考えになられる方も多いと思います。

 

確かに、審査がそこまで厳しくなければそれも可能かもしれませんが、基本的に審査は正しい情報を申告することがとても重要だということをこの場で申し上げておきましょう。

 

なぜなら、仮にその場で自分の年収よりも多めの年収を申告し審査に通り、限度額の引き伸ばしに成功したとしましょう。しかしそれは当然のことながら収入の支出のバランスを崩してしまう大きな要因となってしまいます。収入と支出のバランスが崩れてしまえば、返済が滞り、最悪信用情報に傷が付いてしまいます。信用情報とはお金を借りる上でとても大切な情報です。
しかも、信用情報は多くの金融業者で共通の情報としてシェアされるものですから慎重に扱う必要がある情報です。その際に最初の申告で虚無の申告をしたことがバレてしまえば、更に大きく信用情報に傷を付けてしまうことになり、今後借入をする上で大きな問題となってしまい兼ねません。

 

これらの観点から、審査はかならず正しい情報を申告することを大前提とし、その上でカードローンを利用することをまずは理解する必要があると思います。総量規制により限度額が小さくなってしまった方がほとんどですが、それにより以前のような債務問題も少なくなったことも事実です。

 

ここでお伝えしたいことは、カードローンの限度額は、単純にあなたの年収の1/3ということになりますので、その限度額の上で計画的にお金を運用する必要があるということです。
借りる前からわかっていることですので、カードローンをご利用の際は計画的に利用することがとても重要と言えるでしょう。

 

何度も言いますが、
間違っても限度額を引き延ばす為の虚無の申告は絶対にしないようにして下さい。
最終的にご自身の首を絞めることになり兼ねないことをよく覚えておいて下さい。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る