カードローンは学生でも借りれる?

カードローンで学生もお金を借りれるのか?

カードローンで学生もお金を借りれるのか?

学生というと何かと付き合いが多かったり、
欲しいものがたくさんあったり、
または学業に必要なものを買ったりと、
なかなか収支のバランスが取りにくい時期でもあります。

 

中には親御さんからの仕送りで生計を立てている方や、
学費なども含め全て自分で支払っている方まで様々です。

 

ただ、どちらにも言えることが自分が自由に使えるお金が少ないということです。親御さんから仕送りや家賃などを支払ってもらっている代わりにおこずかいが全くない方も多いと思いますし、自分で全て支払っている方はもちろん毎月決められた支払いばかりで自由に使えるお金は少ないと思います。

 

そんな時に役に立つのがカードローンです。
そして、カードローンは学生でも借りることが出来ます。

 

但し、ある条件を満たせば…です。

 

その条件とは、
一定の収入があることです。

 

この場合、既にアルバイトなどされている方は一定の収入が見込めますので審査に通る可能性はあると思って良いと思います。では親御さんの仕送りで生計を立てている学生はどうなるのか?

 

確かに仕送りとはいえ一定の収入であるということには変わりありませんよね?
毎月5万円を仕送りしてもらっている学生は、
毎月の5万円が一定の収入として認めてもらえるのかどうか…という問題が出てきます。

 

答えは、「No」です。

 

仕送りは一定の収入として認めてもらえません。

 

理由は、借主自身が労働して得たお金でないからということになります。

 

確かに安定した収入ではありますが、これは賃金業法というものに触れてしまいカードローンの審査では残念ながら落ちてしまいます。ですので、そういった方がカードローンの審査を通過する為にはアルバイトなどご自身で得られる安定した収入というものを作る必要があります。

 

つまりお金を借りる為には
アルバイトやパートなど働かなくてはならないということになります。

 

実は学生の方でカードローンの審査の際、親御さんからの仕送りを安定した収入と勘違いしたケースで審査に落ちてしまう方が後を絶ちません。もしもあなたが現在学生でカードローンから借入を希望するのであれば、定期的な収入が見込めるアルバイトやパートなどを行う必要があります。
その事をしっかりと覚えておきましょう。

 

すいません、あともう一点だけ学生の方にとって大事な条件を忘れておりました。
それは、年齢が20歳以上であるということです。

 

例え大学生であっても20歳未満、
いわゆる未成人の方はカードローンの契約は出来ませんのでそのことも頭に入れておきましょう。

 

纏めますと、自分自身でアルバイトやパートをしており定期的な収入が見込め、
20歳以上であるということが学生がカードローンで借入を行う条件となります。
結論としては学生でもカードローンを借りれるということになります。

 

ただ学生の方への注意点として、
カードローンを利用する際は必ず計画的に利用するようにして下さい。

 

若気の至りとも言える学生の乗りで
カードローンで多くの借入をしないよう必ず心掛けるようにして下さい。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る