カードローンの上限

カードローンの上限について

カードローンの上限について

カードローンを利用する上でカードローン会社の広告には上限額が記載されているのはご存知かと思います。

 

例えば当サイトでご紹介しているプロミスでは最高額が500万円と記載されています。これは借入の限度額を表すものです。

 

では誰でも500万円まで借りることが出来るかと言うとそうではありません。このサイトで何度か出てくる言葉ですが「総量規制」というものがあります。

 

総量規制とは年収の1/3までしか借りることが出来ないといういわばルールのようなものです。逆に言うと年収の1/3を超える借入は出来ないということになります。

 

つまり年収が300万円の方であれば、いくら最高額が500万円であっても100万円までしか借入が出来ないということです。

 

では、年収が2000万円の方の場合はどうなるでしょうか。
年収が2000万円の方に総量規制を照らし合わせると1/3は666万円ということになります。

 

しかし、先ほどご紹介したプロミスの限度額は500万円までということになりますので、いくら年収が2000万円あったとしてもプロミスでは500万円までしか借入が出来ないということになる訳です。

 

このように、カードローンの上限には総量規制というルールも加味されてきますので、一概に限度額を把握していれば良いという訳ではないということがご理解頂けたと思います。

 

そして、カードローンには総量規制の対象外となるものもあります。
つまり、年収の1/3というルールが適用されないカードローンがあるということです。

 

それはどういうものかと言うと、銀行系のカードローンになります。当サイトでご紹介しているプロミスは銀行の系列ではありますが厳密には銀行系ではありません。カテゴリとしては消費者金融系のカードローンということになります。

 

銀行系のカードローンというのは、三井住友銀行などの銀行が直に行っているカードローンのことを言います。この銀行系のカードローンは確かに総量規制というルールこそありませんが、消費者金融系のカードローンに比べ審査が厳しいというデメリットがあります。しかし、この審査に通すことが出来れば総量規制に縛られず限度額まで借りれるという大きなメリットが生まれてきます。

 

個人ではなかなか限度額まで借り入れるということはないかもしれませんが、個人事業主やこれから事業を始めたい方などにとっては大きな資金調達先となることは間違いありません。条件によっては専業主婦でも銀行系カードローンから借入が可能という場合もあるので、こういうものがあるということを知っておくことも重要だと思います。

 

総量規制というルールは今では多くの方が知っており、年収の1/3までしか借りることが出来ないと諦めていた方も多いようですが、銀行系カードローンであれば総量規制が適用されないというものもありますので知識として蓄えておくことも良いと思います。

 

特に個人事業主やこれから会社を立ち上げようとお考えの方は、銀行系カードローンも視野に入れておくと良いと思います。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る