カードローンは無職でも審査が通る?

カードローンは無職でも審査が通るのか?

カードローンは無職でも審査が通るのか?

無職でもカードローンを利用することが出来るのか?
無職でもカードローンの審査が通るのか?

 

これは無職の方にとっては非常に大きな問題だと思います。
当サイトがその部分についてしっかりと解説して参りましょう。

 

まず無職でもカードローンが通るかどうかについてですが、
率直に言うと無職でもカードローンの審査は通ります。

 

つまり無職でもカードローンで借入をすることが可能です。
しかしこれには条件が伴います。

 

それは、「一定の収入が見込める方」です。

 

無職なのに一定の収入が見込める人っているの?
と思った方はこのページに書かれていることをしっかりと把握された方が良いと言えます。

 

まず、パートやアルバイトはどういったカテゴリに属するかと言いますと、
これは一定の収入が見込める無職というカテゴリに属します。

 

とはいえ、本来パートやアルバイトは無職とはあまり言わないかもしれません。
一応は一定の収入が見込める仕事をしている訳ですし、今の時代は正社員で雇用契約を結ぶということも難しい時代ですから、カードローンの審査においてもパートやアルバイトは無職というカテゴリに属さなくなってきています。

 

では本当の無職でカードローンを借りることが出来るケースとは一体どんなケースでしょうか?

 

実は主婦がこれに該当します。

 

主婦の方ご本人は収入は無くとも、
配偶者である旦那さんが定職に就き一定の収入が見込めるのであれば、
その配偶者である主婦の方はカードローンの審査を通すことが出来ます。
しかしそれには旦那さんの収入証明書が必要となります。

 

ですので旦那さんに黙ってカードローンの契約を結ぶというのは出来ません。
そもそも旦那さんの信用情報を担保にお金を借り入れる訳ですから、
契約を結ぶ際は必ず旦那さんと相談するようにしましょう。

 

ここでカードローンを利用出来ない方は、
無職でパートでもアルバイトでもなく、
そして主婦でもないという方になります。

 

こういう方は何があっても一定の収入があるとは見込まれず審査は通りません。

 

ですので、カードローンを利用するのであればパートやアルバイトなどとにかく一定の収入を得る状況を作らなくてはなりません。実は派遣会社に登録しておくだけで審査に通ってしまう時代もありましたが、それは総量規制が施行される前の時代です。今はそれなりに債務者側も守られる法律が作られましたので、収入が無い方はお金を借りることが出来ないという訳です。
お金を返せなくて困るのは債務者の方ですからね。

 

また、パートやアルバイトをすることでカードローンを利用することが出来ることは確かですが、審査では在籍していれば大丈夫という訳ではなく、あくまで業務実績であったり勤続年数であったりしますのでその辺りもしっかりと考慮してカードローンの審査に臨んで頂ければと思います。

 

以上の事柄をまとめると、
やはり安定した収入が見込めない方はカードローンを利用するのは難しいと言えます。
計画的なお金のやり繰りをする為にも、しっかりと働き、
その上でカードローンを利用するようにしましょう。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る