カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いとは

カードローンとキャッシングの違いとは

借入審査に関連する様々な解説は当サイトで何度かしておりますが、ここであえてカードローンとキャッシングの違いについて書いてみようと思います。今やライフラインの一つと言っても過言ではないカードローンとキャッシングですが、両者の違いは何なのかここでしっかりと覚えておきましょう。

 

キャッシングとはいわゆる「融資」のことを言い、資金を融通する…言い換えればお金を必要とする人にお金を貸すことの意味になります。これをローンと言う場合もあり基本的にはこれらは全て同じ意味になります。

 

ですが日本ではローンと呼ばれるカードローンとキャッシングではちょっと意味合いが異なりますよね?

 

カードローンとは指定された銀行口座を通じて決められた限度額の中で何度でも繰り返し借りることの出来るサービスになります。一方、キャッシングとはクレジットカードなどに付帯してあるキャッシング機能に代表されるように、これを利用しATMなどからいつでも引き出せるサービスです。

 

そして、両者の最も大きな違いはその返済方法にあります。

 

カードローンの場合はリボ払いが一般的で、キャッシングの場合は一括払いが一般的です。カードローンはローンと言うだけあって長期で返済することが一般的なサービスですが、キャッシングは位置付けとしてはショッピングと同じになり返済も同様になります。しかし、最近ではキャッシングでもリボ払いというものがあるので両者の隔たりが無くなってきているともいえます。

 

また、これまでカードローンやキャッシングをサービスと表現していましたが、厳密にはこれも列記とした商品であり一般的に「金融商品」と呼ばれます。お金を貸す側からすれば利息で利益を得ているのでサービスと考えてしまいそうですが、利息を儲けをするならば借りるお金は商品であり「金融商品」ということになります。

 

つまり、このサービスを受ける側の考え方として正しいのは、お金を借りるのではなく、借りるお金以上のお金を出して買うということになります。

 

但し、今はお金が無いので後で払うという感じでしょうか。少しややこしくなったかもしれませんが、お金を借りてそのお金でしっかりと運用していくにはお金を借りるというイメージではなくお金を買うというイメージの方が良いかもしれません。

 

例えば、1万円を11000円で買うみたいなイメージをすれば、お金を借りたことによる変な増えた感じもすることがなく、しっかりとお金の管理が出来るのではないでしょうか。あくまで考え方の問題ですが、お金の管理に少し緩い方はこのように考え方を少し変えるだけでも違ってくるかもしれませんね。

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る