ブラックリストの期間は何年?

ブラックリストとは?

ブラックリストとは?

借入審査を行うにあたり、
重要な項目の一つと言えるのがブラックリストに載っていないかどうか…ということです。このブラックリストという言葉は何となくご存知の方は多いと思いますが、ここでブラックリストとは何かまずはご説明しましょう。

 

当サイトの至るところでご説明している通り、金融業界においては審査の際に信用情報を信用情報機関を通じて金融業者同士で情報の共有をします。ここでいう情報とはいわゆる事故情報というもので、過去の借入の返済が滞納していたり、自己破産をした場合など信用情報を損なった結果を個別で閲覧出来るものになります。その情報のことをブラックリストと呼び、言ってみればそこに掲載されている人はお金を貸してはいけない人であるということになります。

 

この他に、金融業者別で管理しているブラックリスト…、
いわゆる社内ブラックというものもあります。

 

これはそれぞれの金融業者において自社の会員などの借入や返済データなどを社内で管理しているものでこれに該当する場合もあります。基本的には社内で管理するものになりますが、会社が統合されるなどすれば統合先とデータを共有する場合もあるようです。

 

 

<ブラックリストの記載期間は何年なのか?>
では金融業界で共有する個人の信用情報はどのくらいの期間保持されているのでしょうか?
まず、これらの信用情報を扱っている機関をCIC(貸金業法指定信用情報機関)と言います。
CICとはクレジット会社や消費者ローンなどの会員となった場合の個人の信用情報データをまとめる機関です。主にどの業者にどういう内容の申し込みをしたかや利用状況などを管理している機関になります。CICの中でも情報によって保持される期間が違います。
では以下に情報名とその簡単な説明、そして保持される期間を記載して参ります。

 

●申し込み情報
どの業者のどの商品(クレジットカードやカードローンなど)と契約をしたか、
あるいは申し込んだかの情報が保持されています。
保持期間は6ヵ月間になります。

 

●クレジット利用情報
カードを利用しての買い物の履歴やローンを利用した際の履歴などが保持されます。
その際、支払い回数は何回か、現時点での返済額はいくらか、
または残りいくらあるのかなどの細かなクレジット情報が保持されています。
保持期間は非常に長く5年間となっています。

 

●自己破産情報
ここで自己破産情報と書いておりますが、
厳密にはCICは自己破産の情報を管理しておらず、
債務整理などにより契約を終了させた場合の事実が債権を持つ業者により記載され情報が共有されます。理屈で言えば自己破産=債務整理でもありますので、自己破産をすればそれと同様の事実がCICに管理されると思って間違いありません。
こちらの保持期間も長く5年となっています。

 

以上のことを踏まえますと、ブラックリストに掲載された最低で6ヵ月間、
最高で5年間情報が保持されることが分かったと思います。
一度ブラックリストに載ってしますと借入審査などサービスが最大で5年間は使用出来なくなってしまいますので信用情報は絶対に損なわないようご注意下さい。

 

 

借入審査※お金を借りるならこの業者で決まり!トップページに戻る